「ワード、エクセルが使える」証明として履歴書に書ける資格である。
資格として一般的に認知されており、就職には必須。

社内文書はもちろんポスターや名刺も作成できる。資格として第一に取っておきたい。

計算やグラフ・分析など営業資料や経理などの事務に必須。

顧客へのプレゼンテーション資料として一番多く使われている。

データベースを手軽に扱えるツールとして顧客管理や多角的なデータ分析に便利。業務システムを作ることもできる。

WordとExcelは、一般の「スペシャリスト」と、上級の「エキスパート」に分かれている。

Wordエキスパート/Excelエキスパート/ PowerPoint+Access又はOutlook資格取得時に「オフィスマスター」の資格が同時に付与される。 職場でのオフィス製品を使った仕事において上級者とみなされる。

広くITの知識を学ぶことが出来る資格である。
ワード、エクセル。パワーポイントなどの業務アプリケーションのほかにネットワークやセキュリティ、モラルの知識も問われる。

履歴書に書くことが出来る。
パソコン一般知識があるとの証明となる。
2級以上であれば、IT管理者としての知識も備える。

※資格を取ることは、出来ることの証明としてはもちろんのこと、きちんと勉強が出来る人、また仕事に前向きな人としての印象もプラスされ就職では持っていない人と比べ明らかに有利である。
※就職にかかわらず自分の勉強してきたことを「形」に残せるのは「資格」であり、自分のモチベーションアップにもつながる。

※資格の勉強をする中で、通常では使っていなかった新しい機能を憶えることができ、時間内に計画的に仕事を終わらせる訓練にもなる。(試験は制限時間があるため)